東京海上日動ベターライフサービス

2019.07.05 お知らせ 永山

「高齢者疑似体験」研修を開催しました

事務の高橋です。

6月13日(木)永山ステーションで「高齢者疑似体験」研修を開催し
大勢のヘルパーさんに参加いただきました。

研修では研修高齢者疑似体験を通し、見えづらい、聴こえづらい、動きづらいといった
お客様の身体機能の低下を体感出来ます。またお客様がどんな気持ちになるのか、
今までのお客様への対応を振り返り今後のサービスへ役立てていきます。

それでは高齢者疑似体験セットを身につけ、いよいよ体験開始。
高齢者役になってみると【見えづらい】【聴こえづらい】等が想像できますが果たして・・・・。
参加者からは以下の声が挙がりました。

 「腰が曲がっていて歩きづらい」
 「視野が狭くて歩くのが怖かった」
 「麻痺側の手と足をかばってしまって、健側に負荷がかかった」 など

参加したヘルパーさんからは「高齢者の方の気持ちが理解でき、お客様に
寄り添ったサービスを提供したい」という頼もしい声を頂きました。